●休日パターンを登録します。
  休日パターンに対する、出勤可能勤務パターンを登録しておくと、作表時の入力ミスを軽減できます。
例)午前休みで休日登録している場合、午前の勤務はできないが午後の勤務はできる、の使い分けも可能です。